朝スッキリ茶

冬はホットで夏はアイスで美味しく続けることができる!

 

女性の中には、お腹がスッキリせずに悩んでいる人が少なくありません。

 

 

お腹をスッキリさせるためには、様々な方法がありますが、手軽にスッキリできるのが健康茶です。

 

 

ネットショップでは様々なメーカーが独自の健康茶を販売していますが、その中で話題となっているのが美爽煌茶です。

 

 

美爽煌茶は、ローズヒップやカミツレなど、厳選したハーブを配合した美味しい健康茶です。

 

 

ローズヒップは、バラ科の果実で、昔から美容のために利用されてきたハーブです。

 

 

ビタミンCには、強力な抗酸化作用があり、体内に発生した活性酸素を除去します。

 

 

活性酸素は、病気や肌トラブルの原因となるので、ローズヒップを摂取することは、美容にも健康にも良いのです。

 

 

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートして免疫力を高めます。また、疲労を回復させて精神を安定させます。

 

 

コラーゲンが増えるため、肌のハリを保つ効果も期待できます。

 

 

カミツレは、ヨーロッパ原産の植物で、人気ハーブのひとつです。昔からリラックス効果で知られており、不眠症にも効果的です。

 

 

ニキビや皮膚炎、やけど、日焼けなど、炎症を起こした創傷やおできにも効果を発揮します。

 

 

カモミールの精油成分には、抗炎症作用、抗菌作用、抗真菌作用、抗アレルギー作用などがあり、皮膚への保湿効果もあります。

 

 

毛髪をつややかにするため、シャンプーに利用されることも多いです。

 

 

アップルティーは世界中で飲まれており、日本でも高い人気を誇っています。疲れを癒し、ポリフェノールの作用で若々しさを保ちます。

 

 

美爽煌茶には、ファイバーやギムネマ、麻の実も贅沢に配合されています。水溶性の食物繊維であるファイバーは、腸内をきれいに掃除してくれます。そのため、夜飲むと朝スッキリできるという人も少なくありません。ギムネマは、歴史が古く、スリムになりたい女性に昔から人気があります。

 

 

麻の実は、数ある地球上の植物の中でも、特に栄養価が高いことで知られています。

 

 

美爽煌茶は、アップルティーをベースに、人気ハーブが配合されているので、美味しく飲めます。

 

 

ホット、アイス、ミルクティー、レモンティーと、その日の気分に合わせて、好きな飲み方を楽しめます。

 

 

濃さを調節して好きな濃さで飲むことができ、スッキリ感をコントロールすることができます。

 

 

人気ハーブを配合している高品質の健康茶が、1日あたり100円というリーズナブルな価格で飲めるので、多くの女性が愛飲しています。

 

習慣性もなく、自然なお通じが期待できるハーブティです。

 

便秘を改善したいけれど、薬は使いたくはないという人は多くいます。

 

 

そんなときに利用するのにオススメなのが、お茶を使った改善方法です。

 

 

お茶ですので、食前や食後などいつでも手軽に飲むことができ便秘を改善していくことができます。

 

 

便秘を改善できるお茶は様々なものがありますが、中でも人気なのが「美爽煌茶」です。

 

 

美爽煌茶は、9種類の厳選した自然素材をブレンドした健康茶で、ティーバッグタイプのため手軽に飲むことができ、アップルティー味なことからハーブティーに抵抗がある人でも抵抗なく飲めます。

 

 

美爽煌茶の便秘の改善できる理由としては、カッシア・アラタという成分です。

 

 

これはキャンドルブッシュとも呼ばれており、下剤と同じ成分であるセンノシドというものが含まれています。腸を刺激することによって、便の排出を促す作用があります。

 

 

他にもローズヒップはビタミンCを含んでおり、腸内の善玉菌を増やすのに役立ちます。ファイバーはトウモロコシ由来の水溶性食物繊維で善玉菌を増やして腸内環境を整えていきます。

 

 

カミツレはカモミールの和名ですが、カモミールはリラックスハーブとしても知られており、ストレス性の便秘などに対して効果を発揮します。

 

 

カワラケツメイは緩下作用があるなど様々な素材が含まれているのが特徴のお茶です。

 

 

味の基本となっているアップルティーはリンゴの皮が入っている紅茶で、紅茶は疲れを癒してくれるだけではなく、特有のポリフェノールがあることが知られています。

 

 

口コミの中には、下痢になったり腹痛になってしまう人がいますが、これはカッシア・アラタが腸などを刺激することによって引き起こされます。

 

 

あくまでも美爽煌茶は薬ではなく健康食品です。そのため副作用ではなく体質に合わないこともあります。

 

 

ひどく体質に合わないという場合を除けば、お茶を入れるときに濃さを薄めにして飲むことによって下剤作用は緩和できると考えられます。

 

 

 

標準の濃さは、250ccの90度以上の熱湯にティーバッグを入れて3分程度です。この濃さで物足りないという場合には10分程度を目安に少しずつ濃くして飲んでみることがオススメです。

 

 

3分で来いという場合には1分程度の薄さを試してみます。

 

 

また、飲み方は様々な飲み方を行うことができ、冷たくしてアイスで飲むことができるほか、ミルクを入れてミルクティーにしたり、レモンを入れてレモンティーにしても美味しく飲むことが可能です。

 

>>美爽煌茶(びそうこうちゃ)公式サイトはこちらから<<